トップページ > 「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」

「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」

このガイドラインに基づく表示を行う農産物は、農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学合成された農薬及び肥料の使用を低減することを基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培方法を採用して生産することを原則としています。



このページのトップに戻る