トップページ > 「エコファーマー」

「エコファーマー」

平成11年に「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」が制定されました。この法律は、持続的な農業生産方式(たい肥などによる土作り・化学肥料削減・農薬削減の3技術を組み合わせて行う環境保全型農業)に取り組む農業者を都道府県が認定し、支援することによって、環境と調和のとれた農業を広く進めようとするものです。 持続農業法により認定された農業者を「エコファーマー」という愛称で呼んでいます。



このページのトップに戻る