伝承人traditional

かつおちゃん

トップページ > かつおちゃん

構成員数 5名
市町村名 中土佐町
郷土料理の技術の伝承活動 ご相談に応じます

郷土料理

カツオのなめろう

カツオのなめろう

アジやいわしのなめろうはよく聞きますが、カツオのなめろうは、また一味ちがった風味で、酒の肴やごはんによくあい、お茶漬けにも最適です。


カツオ飯

カツオ飯

カツオの切り身の入った炊き込みご飯です。家庭によって久礼天やごぼうが入り、久礼のおふくろの味です。現在は、たたきと共に「かつお祭り」を代表する料理となっています。


新子のさしみ

新子のさしみ

新子とは、生まれて1年未満の小さい魚のことで、メジカ(ソオダガツオの幼魚)、マヨコ(まぐろの幼魚)など、初夏から夏にかけて捕れた若魚を新鮮なうちに刺身にして、仏手柑をかけて食します。土佐の漁師町の郷土料理です。


ウツボのすき焼き、ウツボの煮こごり

ウツボは、冬が旬の魚です。タタキや唐揚げにしてもおいしいですが、漁師風の食べ方は何と言ってもすき焼きです。ぷりぷりの白身部分、皮の部分のコラゲン層と二つの食感が楽しめます。また、ゼラチン質が固まった“煮こごり”で、翌朝もう一度味を楽しむことができます。

ウツボのすき焼き ウツボの煮こごり

使用する主な食材

かつお めじか うつぼ

カツオのなめろう:鰹、ねぎ、しょうが、しその葉
カツオ飯:鰹、米、ごぼう、ねぎ
新子のさしみ:メジカ、ヨコ
ウツボのすき焼き、ウツボの煮こごり:ウツボ、豆腐、こんにゃく、にんにく葉

メンバーからのメッセージ

メンバー

新鮮な素材を生かした料理の数々は、漁師独特の調理法と味付けが自慢。
なかでも、「ビリ」と呼ばれる獲れたての魚の刺身は港町ならではのごちそうです。
旬の魚と、漁師のおかあちゃんに会いにきてみてください。


土佐の料理伝承人の味を堪能できる処

施設名 かつおちゃん
所在地 〒789−1301
高岡郡中土佐町久礼8645
連絡先 Tel 0889−52−2111
営業時間等 [営業日]毎週土・日曜日 7:00−11:00(事前にご確認ください)
4〜6月は毎日営業(5:00−8:00)但し朝食メニュー以外は要予約。
おすすめ料理 メニュー、価格はお問い合わせください。


PAGE TOP