郷土料理local cuisine

新たに伝えていきたい料理・米なすのたたき<安芸市>

トップページ > 新たに伝えていきたい料理・米なすのたたき<安芸市>

園芸王国高知の一役を担う「冬春なす」の大産地として全国にその名をとどろかせています。
その面積は、安芸郡全体ではおよそ300ヘクタール、約1,000戸の農家がハウスでなすを栽培しています。
この数はもちろん日本一! 古くからなすの産地として様々ななす料理が生まれました。
なす料理は脇役としてひっそりと、その存在を主張していましたが、ここ安芸では料理の主役となっています。

米なすのたたき<安芸市>

材料【4人分】

米なす 2本
あじ 中2尾
青ねぎ、しょうが、青じそ
みょうが、ゆずポン酢
各適量

作り方

  1. 米なすは縦半分に切り、皮を下にして、少し固めにゆがく。
  2. 1.のなすを軽くしぼり、刺身のように切って皿に並べる。
  3. あじに薄塩をあてて焼き、身をほぐしてなすの上にのせる。
  4. 刻みねぎ、しょうが、青じそ、みょうがのせん切りを散らす。
  5. ゆずポン酢をかけて出来上がり。

ちょっと一工夫

米なすは、ゆがきすぎに注意してください。



PAGE TOP