郷土料理local cuisine

半夏だんご<大豊町>

トップページ > 半夏だんご<大豊町>

半夏というのは7月2日のこと。ちょうど作物の植付けが終ってする時期であり、農繁期のあとの慰労の意味もこめて、半夏の日はどんなにつかえていても1日休み、このだんごを作って食べる習慣がありました。

半夏だんご<大豊町>

材料【40個分】

小麦粉(中力粉) 1kg
砂糖 1/2カップ
大さじ1
熱湯 6.5カップ
あんこ 40個分
みょうがの葉 80枚

作り方

  1. 小麦粉に砂糖と塩を加え、ふるっておく。
    これに熱湯を入れ、木しゃもじで全体を混ぜ合わせ、手袋をはめてよくこねる。(100回位)
  2. まとめたら、ボールにラップをかけ、10分間ねかせる。
  3. あんこは丸めておく。
  4. あんを入れてだんごに丸め、みょうがの葉2枚で包む。
  5. 沸騰した蒸し器に入れ、約15分蒸す。

ちょっと一工夫

みょうがの葉は腐りにくくし、香りも夏らしくてよい。



PAGE TOP