郷土料理local cuisine

あめご飯<嶺北地域>

トップページ > あめご飯<嶺北地域>

あめご飯は夏祭りには欠かせない御馳走でした。
昔は夏祭りの朝までは禁漁で、夏祭りの朝いっせいに「せむし」という虫をエサにあめごを釣りに行きました。人の影を見るとすぐ石の下などに逃げ込んで終日出てこない。あめごを釣るのは難しかった。
山間地の嶺北では貴重なタンパク源で、夏の風物詩にもなっていました。

あめご飯<嶺北地域>

材料【1升分】

あめご 10匹
1升
しょうゆ 75cc
少々
大さじ1強
だし汁 1升
ごぼう 1本
にんじん 1本
わらび 1束
しいたけ 5枚
大さじ1

作り方

  1. 米をとぎ、ざるにあげる。
  2. あめごは塩でよくすり、ぬめりをとる。
    また、腹わたを取り、荒焼きする。
  3. ごぼう・にんじん・わらび・しいたけをさいの目に切る。
  4. 米に、3.と調味料を加え、上面にあめごを並べて炊く
  5. 炊き上がったら、あめごの身をほぐして混ぜ合わせる。

ちょっと一工夫

あめごは、塩でよくこすり洗いをしておかないと、小さなウロコやぬめりがとれない。火加減、蒸し加減がこつで、ご飯は少し固めに炊き、炊きあがったら少し蒸らしておく。



PAGE TOP