郷土料理local cuisine

きらずもち<佐川町>

トップページ > きらずもち<佐川町>

豆腐を作るときにできる大豆の絞りかすである「おから」を昔は、「きらず」と呼んでいました。きらずもちは、佐川町尾川地区だけで作られていた餅です。
昔は正月前には必ず豆腐を作っていました。大豆を挽いてくれる請け引きの家があり、各家から大豆1升をもっていき、大豆を挽いてもらっていました。豆腐を作るときにできる「おから」できらずもちを作り、豆腐同様、正月に食べていました。

きらずもち<佐川町>

材料【80個分】

おから 1kg
もち米 1kg
30g
砂糖 500g
小豆あん 80個分
きな粉 適宜

作り方

  1. 水につけておいたもち米を水切りして蒸す。
  2. おからは、米とは別に軽く蒸しておく。
  3. 蒸したもち米を搗き、きれいに搗けたらおから、塩、砂糖を入れてさらに搗く。
  4. ボウルに搗いたもちを移し入れ、手水をつけながら適当な大きさにちぎり、あんを入れて丸め、きな粉をつける。

ちょっと一工夫

もちを搗くときによもぎを入れて搗いたり、丸めた餅にきび粉をつけてもおいしくいただけます。



PAGE TOP